お知らせ | 株式会社マインドフルヘルス
お知らせ

お知らせ

2022.04.12 山下あきこの「ビタミンCについて」の記事がメビウス製薬の美白... こんにちは。 今日は、メビウス製薬様の美白情報誌「SIMIUS」2022年春号に、弊社代表の山下あきこがビタミンcについて記事を提供しました。 ビタミンCはほとんどの哺乳類は体内で合成できるのに対し、人間、モルモット、サルは合成できません。また汗とともに失われていくため、常に補充し続けなければならない栄養素。美肌ケアにも欠か...
2022.02.17 私が神経内科をやめた理由。山下あきこの半生を語ります!... こんにちは。 本日はYouTube動画配信のお知らせです。 山下あきこの生い立ちから、株式会社マインドフルヘルスを立ち上げた理由など、公開しています。 ぜひ「いいね」や、コメント、チャンネル登録をお願いいたします♡ こちらから、御視聴いただけます! Dr.Akiko動画   今後、皆様の役に立つ情報を発...
2021.09.19 健康力アップクイズ ビタミンD、予防接種に匹敵する効果!?... ビタミンDを服用した小中学生 インフルエンザの発症率はどのくらい低下した? 1、 変わらない 2、 20%減った 3、 40%減った 答えは3! ビタミンDを4ヶ月間服用した小中学生は、インフルエンザにかかる確率が半分近くになっていました。 東京慈恵会医科大学の研究チームは、インフルエンザの流行期の4ヶ月間小・中学生...
2021.09.13 健康力アップクイズ 睡眠不足とイライラのメカニズム... 睡眠不足が続くと、脳がうつ病のような状態になります。 さて、何日間続くとそうなるでしょうか? 1、5日間 2、10日間 3、30日間 答えは1! 睡眠不足で扁桃体が活発になる  1日に4時間半程度しか眠らない睡眠不足が5日以上続くと、脳がうつ病や統合失調症と似たような状態になります。  国立精神・神...
2021.09.05 健康力アップクイズ 運動は何分すればいいの?... 軽めのウォーキングなどの運動は、何分行うと代謝に変化がある? 1、48分 2、24分 3、12分 答えは3! 短時間の運動でも、代謝に変化があらわれる  2020年9月に米国心臓学会発行の雑誌Circulationに掲載された研究によると、1日わずか12分の軽い運動で健康に関係ある代謝物の80%に変化が現れるこ...
2021.08.29 健康力アップクイズ フラボノイド の認知症予防効果について... 果物や野菜に多く含まれるフラボノイドは、認知症のリスクを下げる可能性があります。 多く食べる人の認知症リスクは何%低いでしょう? 1、10% 2、20% 3、40% 答えは2の20%! フラボノイド が認知症リスク低下を示した今年の研究 フラボノイド は、赤や黄色の果物、野菜に多く含まれます。米ハーバード...
2021.08.21 健康力アップクイズ 日中座り続けていると、週末に運動しても死亡率が上がる... クイズです。日本人が1日に座っている時間の平均は? 1、7時間 2、5時間 3、3時間 答えは1! 1日平均7時間も座っているのです。 シドニー大学が2011年に行った調査の結果で、世界20カ国の中で、最も長い時間座っているのは日本でした! 2時間座るごとに、死亡リスクが15%上昇  2021年6月にア...
2021.08.15 健康力アップクイズ 日本の20代女性の飲酒率は、アメリカより高い... Q . 米国でのアルコールに関連死は、 1999から2017年にかけて何%増えた? 1、10% 2、30% 3、50% 答えは3 米国でアルコール関連死亡はこの20年間で約2倍に増えています。 飲酒運転で死亡した人などは含まれないことが多いため、実際にはもっと多いと考えられています。 なぜ、アルコール関連死...
2021.08.15 健康力アップクイズ 病院内エリア別! 新型コロナウイルス 検出率(空気中)... 2020年1月〜10月末に病院で、新型コロナウイルス患者に近い環境で471カ所空気を調査した結果をご紹介します。 【新型コロナウイルスのエリア別検出率】 病室などの臨床エリア 8% トイレ 24% 公共エリア 33% 実は、一般的なウイルス量の感染者のいる病室の中より、待合室、トイレ、浴室などの方が要注意!なのです。 G....
2021.07.31 健康力アップクイズ 2021年7月発表 子供に対するマインドフルネスの効果... 子供たちががマインドフルネスを実践しました。 2年後、どのような結果がでたでしょう? 1、 睡眠時間が増えた 2、 ストレスが軽くなった 3、 睡眠もストレスも変化がなかった   アメリカの2年間の研究 答えは1  なんとマインドフルネスを継続した介入群では74分間も睡眠時間が延長していました。  アメリカ人...