お知らせ

お知らせ

2021.03.27 健康力アップクイズ 今日の歩数があなたの未来を変える

将来ねたきりにならないために必要な1日の最低歩数は?

1、1500歩

2、2000歩

3、4000歩

 

答えは2の、2000歩

東京都健康長寿医療センターで5000人以上を10年以上追跡調査した中之条研究の結果です。

1日1回でも家から出て仕事、散歩、買い物などに出かければ、3000歩は簡単に達成できます。

しかし、テレワークなどで自宅から出ない人は、1日2000歩にも達しないことがあるかもしれません。

2000歩にも達しない生活が続くと、将来ねたきりになる確率が非常に高くなることがこの研究でわかりました。

 

ただし2000歩で健康が維持できる、ということを意味しているのではありませんので、ご注意下さい。

 

【歩数/日と予防できる可能性のある病態】

2000歩以上 ねたきり

4000歩以上 うつ病

5000歩以上 認知症、脳卒中など

7000歩以上 がん、骨折など

8000歩以上 高血圧、糖尿病、脂質異常、メタボ(75歳以上)

10000歩以上 メタボ(75歳未満の人)

12000歩以上 肥満

 

ちなみにこの研究で、骨や筋肉の機能は10000歩、30分以上の活動をしてもほとんど高まらない事も分かりました。

1日に8000歩程度で、そのうち早歩きを20分程度含んでいるのが心身ともに健康の度合いが高い、という結果でした!

 

痩せたい人は12000歩以上を目指すと良いでしょう。

あなたが目指す健康レベルに応じて、上記を目安に歩数を意識して生活してみましょう。

家の中ではスマホや歩数計を持ち歩かない、という方は腕時計式のウェアラブル端末の使用がオススメです。

山下あきこ

一覧に戻る